気をつけたい携帯ショップの派遣の販売員になった後のポイント

気をつけたい携帯ショップの派遣の販売員になった後のポイント

1人に1台が当たり前になってきているほど携帯電話は普及しているため、ショップには多くの人が訪れている現状です。電話の機能もどんどん進化していますので、販売スタッフには詳しい知識が必要になります。最新機器を取り扱いながら接客をしているスタッフは、正社員だけではなく派遣で働いている人もたくさんいます。ショップに派遣をされた場合、お店のスタッフとしてのポイントを押さえて働く事になりますが、販売員として気をつけておかなくてはならない事や学んでおきたい事などもあります。知識はもちろんの事マナーも身に付けておくことによってお客様からの印象もよくなり、自分のスキルアップにもつながりやすいです。マニュアル通りに働くだけではなく、お客様を大切にするためにも必要な事を身に付けて働くべきです。

言葉遣いや接客マナーを身に付けて働く

携帯電話を販売するためには、お客様を接客しながら仕事をしますので、最低限の接客マナーを身に付けておかなくてはなりません。接客をする上での基本は、身だしなみを整えておく事です。各店舗によって基準が決められている場合には、その基準に従わなくてはなりません。細かい基準が設けられていない場合には、派遣の立場だとしても最低限の身だしなみを整えておくのが基本です。携帯電話をお客様に見せて接客をする為、手元も一緒に見られることになります。爪を短く整えてネイルはしないようにし、する場合には透明などをつけて目立つ色は付けないのが無難です。髪色は黒を基本とし、前髪は目にかからないようにして、髪はすべてまとめておくのが好印象です。清潔感のある身だしなみはお店の品位をあげる事にもつながります。

常に新しい情報を取り入れながら学んでいく

お店に派遣をされる事になれば研修を受けて学んでいくのが基本ですので、お客様の前に立つ前に知識をつけていかなくてはなりません。研修を終えると実際に携帯販売をしていくようになりますが、お客様の中には知識がとても豊富なお客様もいますので、質問をされたらすぐに答えられるような知識が求められます。新機種が出る度に覚える事は増えるだけではなく、料金プランなども新しいプランがどんどん出てきます。常に新しい情報がある業界ですので、アンテナを張り巡らせて知識を得ていかなくてはなりません。毎日学ぶ事はたくさんありますが、知識が付けばお客様にも満足してもらう事が出来ますので、次もこの人にお願いしたいと思われるような接客が出来るように日々学んでいかなくてはなりません。