小さな子どもから高齢者まで、今ではほとんどの人がモバイル端末を持っています。誰でも何回かは携帯ショップに足を運んだことがあるのではないでしょうか。実はここで働く人たちの多くはアルバイトや派遣社員です。特にお客様と直接接する販売員は正社員ではないことが多いでしょう。しかし、正規雇用ではないといってもそれはお客様には関係ありません。企業の顔としてお客様の接客をする以上いい加減な仕事はできません。知識、立ち振舞い、ビジネスマナーなど、正社員と同等のスキルを求められます。では、ここで仕事をするためにはどんな知識を求められ、どのような仕事をこなしていかなければならないのでしょうか。また、仕事を通じてどんなスキルを磨くことができ、自分のキャリアアップのために役立つのでしょうか。

膨大な知識と接客スキルが必要となる携帯ショップ販売員の仕事

ショップでの派遣社員の仕事は端末を売るだけではありません。機種変更の手続き、料金プランの案内、住所変更の手続き、故障受付、利用料金支払いの受付など多岐にわたります。また、店内の清掃や書類整理をすることもあります。仕事の中心はカウンターでの接客ですから接客スキルが必要なことは言うまでもありません。そして重要なのが自社製品やサービスについての正確な知識です。たくさんある機種それぞれの機能と特徴を覚える必要がありますし、料金プランが変わるごとにお客様にわかりやすく説明できるだけの知識をいち早く身につける必要があります。また、最近はインターネットサービスや金融、電力などの関連サービスを展開していることもあって、それらの知識も必要となります。覚えることが多く大変ですが、快適に利用してもらうためお客様をサポートするやりがいのある仕事です。

携帯ショップの販売員をすることで得られるメリット

ショップに訪れるお客様は何かに困っていたり要望があることが多いです。そのためにただ単にサービスの説明をするだけではなく、お客様の話をよく聞き、何をどうしたいのかを聞き取ることが大切です。ショップでお客様と接し経験を積むことでコミュニケーションスキルを磨くことができるでしょう。コミュニケーションスキルは接客だけではなくあらゆる場面で重要なスキルとなるので、今度どんな企業に派遣されても、あるいは正社員になってもこの経験が生きてきます。また、書類に基づいた各種手続きや業務連絡を経験することでオフィスワークの基本を身につけることもできます。これらのスキルは転職や就職に有利となるでしょう。携帯ショップの派遣の販売員の仕事はやりがいがあり、将来の自分に役立つスキルを身につけることができる仕事といえるのではないでしょうか。