乾燥肌の場合のボディソープ選び

ボディソープは選び方が違っていると肌の本来ある保湿成分まで洗い流してしまい、肌が乾燥してしまいます。皮膚の中の保湿成分が不足している事が原因で肌のバリア機能も低下しているので、洗浄力が強いボディソープは刺激を受けてしまう事によって肌の状態が悪くなってしまいます。ボディソープの選び方は、肌にやさしい洗浄力の物を選ぶ事がポイントになります。乾燥肌の場合には、洗浄力が強いアルカリ性のボディソープは避ける様にします。アミノ酸系やグルコシド系などの弱酸性で肌に優しい成分がある物を選びます。最近では植物性のセラミドが配合された、乾燥肌の人に向いているボディソープも発売されています。保湿効果があるタイプのボディソープを購入するのもおすすめです。また肌へのダメージを与えない様に身体を洗浄するためにはボディーソープの泡立ては重要です。最初から泡の出るタイプを使えば泡立てる手間を省けて身体を優しく洗う事ができます。

乾燥肌の身体の洗い方や入浴方法

乾燥肌によいボディソープを選ぶだけでなく、洗い方や入浴の方法も重要です。熱めのお湯のお風呂に浸かったり、シャワーを浴びると、皮膚表面の角質層にある保湿成分が洗い流されてしまうので、お湯は38~39度程度のぬるめのお湯が良く、長湯しすぎると角質層がふやけてしまい、保湿成分がなくなってしまうので避けた方がよいです。湯船に浸かっている時間は20分程度がベストな時間になります。ナイロンタオルやブラシを使って強く身体をこすると角質層が痛んでしまって、保湿成分が失ってしまいます。ボディソープはたっぷりと泡立てて、手のひらを使ってらせん状に描く様にやさしく洗います。手が届かない場所には柔らかな肌触りのコットン素材のボディタオルを使う事がおすすめです。皮脂が少なく、汚れにくいお腹まわりや腰、手足などの場合には毎日ボディソープを使う必要はないです。乾燥が気になる場合には、洗浄剤は2~3日に1回にしてシャワーで軽くすすぐ程度で十分です。

入浴方法で肌を乾燥から守る

乾燥肌にやさしいボディソープや泡立てよく優しく身体を洗っても角質層の保湿成分はある程度出てしまいますし、湯船に使って角質層がふやけている状態で身体を洗うと保湿成分はさらになくなってしまう事もあるので、湯船につかる前に身体を洗う事がおすすめです。髪の毛を先に洗ってから身体を洗うようにすると、洗髪をする時に使ったシャンプーなどが背中に残ってしまう事も避ける事が可能です。入浴後には、肌の保湿成分が失っていてバリア機能が弱くなっているので、刺激が受けやすい状態になっていて、皮膚の内部の水分が蒸発しやすい状態になっています。湯上りは手触りがよい柔らかなタオルを使って優しく水分を取っていき、早めにボディローションなどを使って保湿をしてあげると、敏感になっている肌を守る事ができます。お風呂タイムはリラックスできる時間ですが、入浴方法は注意する必要があります。